60歳から始めるプログラミング・デザイン、ロクプロ

お問合せお申込み

60歳から始めるプログラミング・デザイン、ロクプロ

メニュー

ロクプロブログ

ロクプロを案内する女性ガイド
お役立ち情報発信中!

ロクプロのスタッフが運営する「ロクプロブログ」では、
お役立ちの参考情報を随時発信中です。

  • 定年後は夢の田舎暮らし?地方移住の「10のメリット・デメリット」

    定年後は田舎に移住し「ゆったりライフ」?

    あくせく働いた現役時代に一段落をつく60代中盤以降。

     

    定年後はゆっくり田舎暮らしをしてみたい」というシニアの方はたくさんいます。

     

    最近は若者の間でも農業や地方移住がブームになるなど、田舎への注目が高まっている様子。

     

    お金や名誉もいいけれど「人生をどう生きるか」に焦点をおいた「ライフスタイル重視派」に、田舎暮しは魅力的に映るようです。

    田舎暮らしの「メリット」は?

    「田舎暮らし」と言っても、そこにはメリットデメリットも潜んでいます。

     

    地方移住は一見、のどかで、気ままにも見えますが、良い面もあれば、悪い面もあるので気をつけたいところ。

     

    では、まずは田舎暮らしの「メリット」を「5つ」見ていきましょう。

     

    メリット① 家賃が安い

    都心で暮らしていた人にとっては、地方の割安な家賃はとても魅力的です。

    東京などの中心部では6万〜10万〜20万ほどかかる物件も、田舎暮らしではその半額以下というのはザラ。

    田舎暮しの賃貸をざっと検索しても、その家賃の安さに驚くことでしょう。

    なかには数千円、2万円以下という物件もあります。

    (引用:田舎暮らし物件の総合サイト「ビギンズ」より)

     

    メリット② 食費が抑えられる

    基本的に地方はお肉も野菜も安価です。

    都心部では価格が上乗せされている卵やオーガニック野菜なども、割安(本来の定価)で手に入るのです。

    田舎恒例の「おすそ分け」なども地域によっては頻繁で、健康的でおいしい食べ物をコストダウンしながら味わうことができます。

     

    メリット③ 自然のなかで生きていける

    もしかしたら、食費や家賃のコストよりも、この「自然のなかで生きていける」ことに魅力を感じている方のほうが多いかもしれません。

    田舎は空気も水も木々も活き活きとしており、人間本来の自然な生き方を実現できます。

    メリット④ ノイズのない世界

    都心部では耐えない「車の騒音、電車の騒音、街の喧騒」…。

    当たり前のように響き渡っていたあの音・この音も、田舎暮らしでは聞こえてきません。

    静かな、ノイズのない世界で生きることができます。

     

    メリット⑤ 温かい人間関係

    共に支え合い、同じエリアで生きるご近所さん同士の絆が深まれば、田舎暮らしは一層楽しくなります。

    都心では、隣人の同士が顔を合わせたこともないマンションは当たり前。ともすれば亡くなっても誰も気づいてくれないようなことも珍しくはありません。

    しかし、田舎暮しをうまく軌道に乗せることができれば、人間同士のつながりを一層尊いものに感じることができるでしょう。

    田舎暮らしの「デメリット」は?

    では次に、田舎暮らしのデメリットも「5つ」見ていきます。

    ここで見えてくるのは「メリットとデメリットは表裏一体」ということ。

    デメリット① 交通が不便

    ノイズのない静かな世界に生きることができる田舎は、逆に言えば「交通の便が悪い」というデメリットも持っています。

    どこに行くにも「車」が必要で「歩いてコンビニに」「ちょっと郵便局へ」なんてときも、毎回車やバイク、自転車で出発は当たり前。

    例えばお酒を飲んでいたら、もう車に乗ることはできませんので、移動範囲は極端に縮まります。

    もちろん、バスや電車の本数も少なく、交通の便は極端に悪化します。

    ということは、もしものときに「病院」もすぐには行けないことにもなってきます。

    デメリット② ガソリン代・電気代がかかる

    車での移動が日常的になれば、当然日々のガソリン代もかさんできます

    食費は抑えることができますが、ガソリン代、雪国であれば車のメンテンナンス代等、意外とかかってくるのも想定しておきたいところ。

    デメリット③ 自然との戦い

    例えば北海道〜東北〜信州エリアでは、冬場は豪雪との戦いが待っています。

    スキー場のあるような地域は警戒が必要でしょう。凍った路面でのドライブテクニックも必須です。

    雪国であれば冬場の電気代や灯油代もばかにならず、結果的には生活コストが都心と大差なかったなんていう事例もあるようです。「雪かき」の過酷さも、味わうまではわからないでしょう。

    また温かいエリアの海辺に住んでも、潮風は油断できません。「塩害」と言われるのがそれです。住まいそのものはもちろん、車や物干し竿、ポストにいたるまで「サビ」が発生してきます。南国では冷房代金も油断できません。

    デメリット④ 村八分に注意

    田舎の人々は優しい、というのは、移住者が勝手に抱いている「幻想」とも言えます。

    誰しも、どこに住んでいようと個々の人間には「性格」があります。他人には伺いしれないさまざまな「クセ」を持っているものです。

    もし、隣人のご機嫌を損ねたり、浮いた行動を指摘されるようなことが続けば、住みづらくなってしまう可能性が高まります。

    デメリット⑤ 娯楽がない

    「自然のなかで生きられるのが最高の贅沢」と言っていられるのは最初だけかもしれません。

    田舎には商業施設は基本的にありません。あっても都心から来る訪問者向けの美術館や牧場、大型スーパーだけということも多いです。

    いきなりの田舎暮らし・地方移住は危険

    田舎暮らしのメリット、デメリットを見てきましたが、気をつけたいのは「移住を衝動的に決めない」ということ。

     

    例えば、田舎を「海外」に置き換えてみてください。

    いきなり、見たことも行ったこともない国に住もうと思いますでしょうか。

    それが人気のハワイであっても「1週間の楽しいハワイ旅行」と「アメリカで一生暮らす」という意味は、習慣から医療から人間関係まで、全てに天と地ほどの差があります。

     

    海外でなく、同じ地方移住は日本だから油断してしまいそうになりますが、それなりの覚悟を持って実行するほうが良いでしょう。

    田舎暮らしを検討している場合は、まずはその土地に住まいを借りて「半年住む、1年住む」などのプランを立てるのが得策です。

    「思っていたものとちがう」となったときに、取り返しがつくように慎重に進めたいところです。

    田舎暮らしでどう「稼ぐ」?

    メリット、デメリットも把握し、試験的にその土地にも住み、移住の決意を固めた場合。

     

    ここで抑えておきたいのが「どうやって稼ぐか」ということ。

     

    移住の際に出費もかさみ、老後は年金だけでは不安、というのはよくある話です。

     

    ここで「農業」に挑戦もいいですが「農業で稼ぐ」のは、決して甘いことではありません。

     

    農業は知識や経験に依存する面も多く、設備費も当然必要ですし、天候にも左右される、一朝一夕にはいかないお仕事です。

     

    そこでおすすめしたいのは…

    おすすめは「自宅でパソコンで稼ぐ」

    そこでおすすめしたいのが「パソコン」を使った仕事。

     

    仕事自体は事務職であったり、ホームページを管理したり、メンテンナスするなど、簡易なもの。

     

    都心部でも田舎でも、現代は「パソコンができる」「ITがわかる」増してや「プログラミングやデザインがちょっと出来る」というのは採用に有利なのは言うまでもありません。

     

    パソコンの仕事であれば、寒い冬も暑い夏も家の中で仕事ができます。自宅にいながらの「リモートワーク」も簡単。必要なのは「インターネット回線」と「パソコン」のみ。

     

    いや…60代にもなって、パソコンのスキルなんてないよ…

     

    と、あきらめる前にー。

     

    1ヶ月程度で、しかも自宅で、基本的なITの学習ができる「シニア向けのサービス」があるんです。

     

    それは…

     

    定年後も稼ぎたいシニアのための「IT学習」サービス

    IT学習を決意した人

    田舎暮らしなどの際に「ちょっと自宅で稼げる自分」になっておきたいとき。

     

    ロクプロ」がおすすめです。

     

    「ロクプロ」は50代、60代の大人が安心して受講できる「プログラミング/デザイン」を学べるサービス。

     

    初心者が、再就職や副業のための必要な「ITスキルの基礎」を学べます。

     

    では「ロクプロ」を「11の特長」に分けて、ご紹介しますね。

    ①「ロクプロ」は学習セット一式が無料レンタル。

    パソコンのイラスト

    送料も返送料も無料のパソコンレンタルセット一式ですぐに勉強を始められます。(後述でレンタル一式の説明あり)

    パソコンのみならず、ヘッドセットやマウス、マウスパッドにバッグなど、全て無料でレンタル。

    学費以外のことは考えないでいい、初期費用0円の軽快さが魅力です。

    ②「ロクプロ」はオンラインで習える。

    オンライン講座を受ける女性

    どこにも出かける必要も、パソコンを買う必要もありません

    お送りする無料のレンタルパソコンで講座を受けることができます。

    初心者でも設定に手間取らない「設定済み」のパソコンで安心。

    講座は動画などでなく、講師があなたのために生中継で個別に授業します。

    ③「プログラミング」「デザイン」を学べる。

    オンラインで勉強する男性
    2つのコースをご用意しています。

    ホームページを作る技術「プログラミング」

    絵を描いたり写真加工する「デザイン」

    どちらも就職や起業、副業にも有効な技術です。

    ④「ロクプロ」は講師が経験豊富。

    専任講師のイラスト

    ロクプロは「講師の質」にこだわっています。

    例えば主な条件は、

     

    1. フリーランスとして独立している

    2. 実務3年以上の経験者(2021年現在在籍の講師2名は約15年のキャリア)

    3. ユーザーの年代層(60代)に合わせ講師は30代前後〜以上の年齢で採用

     

    実務経験のない方や、経験の浅い学生等の講師は採用しておりません。

    ⑤「ロクプロ」は講師がずっと専属。

    生徒と講師の握手

    慣れてきた先生が急に交代することはありません

    自分の弱みやクセを把握してくれている先生に、マンツーマンで、最後まで習うことができます。

    ⑥「ロクプロ」は誇大広告をしません。

    ポジティブな男女のイラスト

    盛った宣伝をしない」ロクプロでは、サービス以上のことを誇大に広告をしないポリシーがあります。

    例えば「1ヶ月でフリーランスに!」「3ヶ月で独立できる!」「就職率99%!」などの誇大広告は一切いたしません

    ⑦「ロクプロ」は受講者を放置をしません。

    生徒を見守る講師

    受講者=生徒が「受け身」であるのは当たり前であると考えます。

    「自習」でなく「習う」ことにお金を払っているからです。

    自学自習をコンセプトの中心にし生徒の自己責任にさりげなく誘導することはしません。

    講師が責任を持って、学習をリードします。

    ⑧「ロクプロ」は市販の参考書を使います。

    安心して学ぶ男女

    ゼロから作るとどうしても脆弱性の生じるオリジナル教科書は、無理に使用していません。

    「ロクプロ」では、長年売れ続け、高い評価を得ているベストセラーの参考書を教材に使用しています。

    これであれば、生徒は学校が終わったあとも勉強や振り返りがしやくなります。

    また、「ロクプロ」では全員にこの参考書をプレゼントしています。

    ⑨「ロクプロ」は挫折を防ぎます。

    ステップアップする女性

    「ロクプロ」では、生徒が挫折しない仕組みとして「専属講師のマンツーマン方式」を採用しています。

    細かいことも、感覚的なことも質問しやすい講師が「プログラミングの飽きない学び方」「デザインの面白い勉強法」を提供します。

    ⑩「ロクプロ」は心の準備にも配慮

    スタッフに相談する生徒

    「ロクプロ」では生徒さんが孤独や放置感を感じないよう、一番最初の講座に前にスタッフからのご挨拶や説明があり、講座前の不安を取り除くよう努めています。

    いきなり講座が始まるのでなく、スタッフとの会話で1クッション置ける。ちょっと気になっていることも質問できる。オンラインでの学習の前に、心の準備ができるステップを設けています。

    オンラインというサービスだからこそ、ユーザーとの接点を大事にしたいと考えています。

    ⑪「ロクプロ」は「大人のIT初心者」向けサービス。

    初心者マークを持った男女

    「ロクプロ」は「大人」のためのプログラミング/デザインの学習サービスです。

    昨今のプログラミングスクールにある「若いノリ」についていきにくい方々も安心。

    60代はもちろん、70代80代の方も受講が可能です。

    大人が考えた、大人のIT学習サービス「ロクプロ」

    当サイトの「ロクプロ」は、

    いわば「大人が考えた、大人のためのIT学習サービス」。

     

    専属」の講師がマンツーマンで教えてくれる、

    60歳以上のための「デザイン/プログラミング」の学習ができる珍しいオンラインスクールです。

     

    コロナでも安心、直接の接触がない「オンライン講座」がカンタンできるので安全。

    オンラインは、暑い夏や寒い冬にわざわざ外出しないで、自宅で学べるのもいいところ。

     

    この「ロクプロ」の特長は、中高年の方々が無理なくITの勉強を継続できる、初心者向けのプログラムにあります。

     

    「ん〜、、、オンライン講座?自宅でどうやってレッスン受けんの…?

    「でも…デザインできるようなパソコンも持ってないしな…

     

    という方にこそ、安心の体制も整えています。

     

    それは…

    初期費用は「0円」の嬉しい「無料レンタル」サービス

    ロクプロの「パソコン無料レンタルセット」一式

    実は、初期費用は「0円」なのも嬉しいところ。

     

    学費だけがかかるシンプルな価格もわかりやすく、安心です。

     

    上の図の通り、無料でセット一式借りることができるから、自分で用意しないでいいんですよ。

     

    もちろん、往復の送料も無料で安心。

     

    「60代からのIT学習」まずはご相談ください

    パソコンを扱うシニア世代

    ロクプロは、

     

    シニア初心者向けで、

    デザインが学べる。

    プログラミングが学べる。

    ✔ 60代からはもちろん、50代の方など「安心して学びたい大人専用」。

    オンライン・マンツーマン学習サービス。

    初期設定済パソコン無料レンタル

    ✔ 無料貸与パソコンはコロナ対策の消毒済み。

    初心者も安心の優しいカリキュラム。

    講師も若すぎず経験豊富。

     

    などなど「60代からのIT学習」にピッタリの、大人のためのITオンラインスクールです。

    大人のIT学習「ロクプロ」へのご質問はカンタン

    「ロクプロ」に問合せしようと思っている男女

    自宅にいながらオンラインで、

     

    マンツーマンで教えてもらいながら、

     

    「60代からのIT学習」を

     

    「デザインやプログラミング、1ヶ月くらいなら勉強してみようかな」

     

    という方は…

     

    ご質問はこちらからお気軽にどうぞ。