中高年から始めるプログラミング・デザイン、ロクプロ

メニュー

  • 定年後は「自分のホームページ」を作ろう。作成費用も割安で安心。

    「ホームページ」が自分で作れるようになると

    ホームページが自分で作れるようになるとー。

    趣味や仕事、家族や友人、想い出についてのホームページを、インターネット上に公開できるようになります。

    定年退職を迎え、時間ができた際は、一度は挑戦していただきたいのがこの「自作ホームページ」。

     

    自分のWEBサイトで写真をアップしたり、日記をつけたり、自分のフェイスブックやツイッターの投稿を自動で掲載することも可能。

    ちょっとした「自分メディア」を保有できるので、楽しみも広がります。

    友人や家族がなホームページを必要とした際には作ってあげたりアドバイスもでき、わざわざ業者に発注して高いお金を払う必要も手前もいりません

    一度作ったホームページのデザインやデータは、ずっとパソコンやデータサービス(クラウドなど)に保存しておけるので、紛失の心配もなし。

     

    と、ここまで聞くと「でも、ホームページの作成ってなんだかんだ、お金が結構かかるのでは?」と心配になりますよね。

     

    気になる運営費用=お金についても、見ていきましょう。

    ホームページ運営費用は「割安」

    なんとなく高そうな「ホームページ」の制作費用や運営費。

    しかしこの時代、驚くほど安くできるんです。

    では、ホームページに必要な基本的な費用について、結論からざっと列挙していきますね。

    専門用語はさておき、とりあえず値段感を。

     

    ①ワードプレス(無料
    ②サーバー費用(「月額」約100円~約1,000円
    ③ドメイン費用(「年額」約100円〜約1,000円

     

    上記を鑑みると、ざっと年間の維持費用は「約1万円」程度で、月額にしたら「1,000円」ほど。

    この価格感で「自分のオリジナルのメディア」をずっと持てるということ。

    参考までに、著名なサーバー会社「ロリポップ社」の価格表は以下のとおり。

    ロリポップ社のサーバー価格表

    最安で「月額100円」と…。ハイスペックでも「月額500円〜」という価格。

    割安というか、激安と言ってもいいかもしれませんね。

     

    ちなみに、各専門用語の解説をカンタンにしておくと、

     

    ①ワードプレス:ホームページの母体
    ②サーバー:ホームページを設置する場所
    ③ドメイン:「〜.com」などホームページのアドレス

     

    以上がサイト作成に必要なモノになります。

     

    ここで鋭い方は、少し疑問も湧くかもしれません。

    「無料のブログとかサイトサービスってあるような…あれじゃダメなの?」と。

    では、その話をしていきます。

     

    無料サービスは「広告だらけ」「融通が効かない」

    WEB上のサービスは、たいがいなんでもそうですが、

    無料=広告が出る

    融通が効かない

    以上の2点がセットです。

    YouTubeなどご覧になっていても、広告がうざったかった経験がある人もいるのでは?

     

    また、ブログ等を無料で書けるサービスもありますが、勝手に広告が画面の各所に出ているのはもちろん「自分でデザインをカスタマイズしたい」という場合は「有料」となります。

     

    そして、無料サービスには、ある意味最大の「危険な要素」があるんです。

    それは….

    自分の写真や記事がなくなっても文句は言えない

    ブログやホームページの無料提供サービスの最大のデメリットは、

    自分で書いた記事やアップロードした写真が突然なくなっても文句は言えない

    ということ。

    これは、運営会社のシステムでトラブルがあったり、倒産・縮小・合併したり、規約やサービス内容が予告なく変更されて何らかの不具合が起きた場合に、ユーザーは何もできないということです。

     

    過去に大きなブログサービスが、内容の改変を行った際、実際にユーザー側に損や手間が生じた例もあります

     

    「(サービス変更等があった場合)期限までに手続きしないと記事が消える

    記事を移行したとしても、デザインは変わってしまう

     

    などの弊害が突然起こるリスクを、常にはらんでいるのです。

    がんばって記事をアップし続けても…

    また、外部の会社が運営する無料ブログサービスや無料ホームページサービスに、がんばって自分の書いた原稿を掲載し続けても、その運営会社の利益(広告料や掲載順位の上昇など)になるだけという虚しさもあります。

    自分の手元にはいつまでも「いつなくなっても文句は言えない原稿や写真」が増えていくということです。

     

    無料サービスや手軽な分、誰でも気楽に始められる利点こそありますが、

    広告表示のウザったさ
    カスタムできない融通が効かなさ
    広告を消すにはお金が必要
    データがなくなってんも文句は言えない規約

    があることを、覚えておきましょう。

     

    そういった点から見ると、やはり自分のメディアであれば、自分で低予算で始めてしまうのが安心ですし得策です。

    ホームページを作るのって大変なの?

    では、肝心のホームページは作るのはどれくらい大変なのでしょうか。

    これはズバリ「1ヶ月集中的に勉強すれば、シンプルなサイトは作れるようになる」ことができます。

    この場合の「シンプルに」とは、世間にあふれているようなオシャレなサイトだったり、個性的なサイトではないってこと。

    あくまで「メニュー」「テキスト」「ブログ」「写真」を最低限掲載できるサイトです。

     

    そして、この最低限を理解することで、だんだんと次の成長が早くなります

    自分で作っていると「ここをこうしたい」「あの部分をこう変えたい」と、いろいろやりたいことが出てきます。

    ここが成長ポイント。

     

    基礎さえ理解していれば、応用へ進むことができるので、だんだんと表現の幅が広がってくるのです。

     

    まずは「基礎」をプロから習ってしまうのが、オリジナルの「自分メディア」を作成する第一歩。

    「1ヶ月だけ」ホームページ作りの基礎を学んでみよう

    当サイトの「ロクプロ」は、

    1ヶ月でホームページ作りの基礎を学ぼう

    というサービス。

     

    特長は「中高年」の方を対象としていること。(40〜70代以上の方々)

    そして「自宅で学べるオンライン講座」ということ。

     

    定年退職して、

     

    「ITの教養を深めたい」

    自分のホームページを作りたい」

    友人や家族のWEBサイトを作りたい」

    「プログラミングやデザインを学んで再就職の面接を有利に進めたい」

     

    などの「大人」のためのサービス。

     

    講師もサービス内容も「初めてのプログラミング」「初めてのデザイン」に特化しているので安心です。

     

    ロクプロは、

    中高年のIT初心者向けで、

    プログラミングが学べる。

    デザインが学べる。

    セット済のパソコンも無料レンタル(消毒済み)で、

    専用のソフトも無料付属で、

    自宅で安心して学べるんですよ。

    ロクプロの「パソコン無料レンタルセット」一式

    「プログラミング」「デザイン」を学んでみよう

    「プログラミング、1ヶ月くらいなら勉強してみようかな」という方は、まずはお気軽に「ご相談」からどうぞ。

     

    中高年からのプログラミング『ロクプロ』は、

    みなさまの新しい挑戦を応援いたします。

    ご質問はこちらからお気軽に。