60歳から始めるプログラミング・デザイン、ロクプロ

お問合せお申込み

60歳から始めるプログラミング・デザイン、ロクプロ

メニュー

ロクプロブログ

ロクプロを案内する女性ガイド
お役立ち情報発信中!

ロクプロのスタッフが運営する「ロクプロブログ」では、
お役立ちの参考情報を随時発信中です。

  • 「即戦力シニア」を育成する「60歳からのITスクール」誕生の背景とは?

    ロクプロは「60歳以上」向けの「オンラインITスクール」

    ITに絡んだサービスというと、若者向けのものが多いなか、

    当サイトの『ロクプロ』は、

     

    即戦力シニア」を育成する

    60歳以上向け」のITサービスです。

     

    初心者のシニア層の方が、

     

    プログラミング」や

    デザイン」を学ぶことができます。

     

    厳密には、40代や50代の方のお申込みも承っておりますが、サービス名も宣伝も「60代」の方を打ち出しているのが特長。

     

    IT関連のサービスは、若者のほうが遥かに需要は見込めるにも関わらず…なぜいわゆる「シニア層」のためのサービスを展開しているのでしょうか。

     

    それは、日本の「社会問題」そしてロクプロが持つ「未来への展望」に大きく起因します。

    人口急減・超高齢化社会

    内閣府のサイトでも説明されているとおり、日本は「超高齢化社会」へとすでに突入しています。

     

    若い人たちの出生率の増加は見込めず、むしろ低下している現状。

     

    日本の総人口は2019年度においては、前年より「27万人も減少」しています。

     

    一方で、高齢者は「44万人」も増加。

     

    まさに「人口急減・超高齢化社会」が、いまなのです。

    総務省により開示されている下記のデータでも、如実に「総人口は右肩下がり(左の青いデータ)」「高齢者は右肩上がり(右の赤いデータ)」なのがわかります。

    総務省の「高齢者の人口」データ

     

    (画像:総務省「高齢者の人口」より引用)

     

    町でもお年寄りの姿を見ることは多く、また救急搬送数(救急車の出動)の件数も増えています。全国の救急の出動件数の約60%は高齢者によるもの。

     

    ここまで見ると、ニュースでも取り上げる話題と似ており「悲観的」に見えるかもしれません。

     

    しかし、そこで、

     

    人口の減少と高齢化社会という現実を「前向きにとらえる」新しい発想のサービスを作りました。

     

    それが当サイト『ロクプロ』です。

     

    人生のベテラン・幅広い視野の労働者が増える

    国単位で言う「経済活動」とは「労働できる人口(労働力人口)」に左右されます。

     

    経済学的な見方をすると、やや雑な表現でまとめれば「働く人が多いほど、その国の経済は活性化する」と言われます。

     

    日本はその「労働力」が、出生率低下・高齢化社会により大きく衰退し始めている。

    確かにその問題は、もう避けられないところに来てしまいました。

     

    しかし一方で、「高齢者だからもう働けない」という切り捨てがあるとすれば、少々乱暴さも感じます。

     

    当サイトの「ロクプロ」は、特に定年退職を迎えた65歳前後の年代に「時代に合ったスキルを持ち、時代に合わせた働き方をしよう」という提案をしているサービス。

     

    引退するでなく、弱気になるでなく。

     

    常に社会との接点を持ち、お小遣い稼ぎでもいいので働いたり、教養を深めるために学び続けて欲しいと考えています。

     

    なぜなら、高齢者にはこんな「優れた特長」があるからです。

     

    人生経験が豊富

    ✔ 色々な業界の名人・ベテランの宝庫

    ✔ 一昔前のシニアと異なり心も体も若く活動的

    ✔ 一昔前の老人とちがい長生きである

    ✔ 昭和・平成・令和と3つの時代を生きている知見

     

    上記をまとめると、社会的には十分「経験豊富な即戦力」と言えるわけです。

     

    勢いだけの若者ももちろん経済活動には必要不可欠ですが、長い人生経験から答えを導き出せるシニア層は、今後の日本を立て直すうえで「必須の戦力」であると考えます。

     

    しかし、ひとつ問題があります。

     

    「ITに弱い」というコンプレックス

     

    人口急減・超高齢化社会という渦中において、今後の日本経済を支える主戦力とも言える「シニア層」。

     

    しかし、課題としてあるのが「ITアレルギー」ということー。

     

    元エンジニアの方や、もともと機械いじりが好きな方などは例外として、多くは、

     

    あまりパソコンとかわからないな…

    エクセルやパワポ程度で、実は実は全然詳しくない」」

     

    という方が高い割合で存在します。

     

    ここがシニア層の「ネック」と言われている部分。

     

    でも実は、意外なエピソードがあるんです。

     

    実は若者もITには弱い

    あまり知られていないエピソードがあります。

     

    「若者もITなんぞ対してわかってない」ということ。

     

    スマートフォンは高速で扱えるものの「プログラミング」「デザイン」といった、パソコンを使っての「実務作業」については、全くできない若者がほとんど

     

    2020年12月現在でも、WEB上には「若者が苦手なパソコン」に関する記事があふれています。

    パソコンが苦手なわけですから「プログラミング」や「デザイン」といった特殊な技術など、もってのほかなわけです。

    下の画像は、Googleの検索結果です。

     

    「パソコンが使えない若者」の検索結果

     

    ITスキルの向上については、若者ゆえに経済的な理由で専門学校にわざわざ通うのは無理だったり、独学も厳しい世界ゆえ「やりたいけど、やれない」という現実がたちはだかっています。

     

    ましてや社会人になってしまってからでは、プログラミングなど学ぶ時間は取れません。フレッシュな社会人は日夜ハードな体力仕事を強いられるからです。

     

    こういった背景から、いくら体力のある若者でも「会社をやめてプログラミングの勉強」「会社を早く切り上げてデザインの勉強」という決断はなかなかできない現実がある。

     

    そこで、若者比べれば物事を俯瞰でき、幾分余裕もあるシニアが、これからの社会に必須の「ITスキル」を、若者に先駆けて学ぶ。

    若者をリードし、社会で引き続き活躍できるようにと考えたのが、当サイトの「ロクプロ」なのです。

     

    経験を勉強に活かす

    50代、60代のシニア層には、若者比べ「時間と知恵」があります。

     

    新しいジャンルに食わず嫌いせず「若者もITには弱いんだ」「だったら自分は克服してやる」という気概を持ち、プログラミングの勉強に挑戦してみて欲しいと思います。

    たった1ヶ月だけの勉強でも、随分と変わることができるのですから。

     

    プログラミングやデザインができ、社会人としての経験とキャリアを持っているシニア層ならば、企業も話は聞いてみたいでしょう。

     

    そのような「即戦力シニア」を育成していくのが当サイトの「ロクプロ」です。

     

    コロナも安心。自宅で学べてリーズナブル

    「ロクプロ」の特長は「60歳以上」の方を対象としていること。(40代、50代の方も可能です)

     

    そして「自宅で学べるオンライン講座」ということ。コロナでも安心、教室に通う必要はありません。

     

    定年退職して、

     

    「ITの教養を深めたい」

    ホームページのデザインをしてみたい」

    チラシやポスターを作ってみたい」

    「プログラミングやデザインを学んで再就職の面接を有利に進めたい」

    起業するのでロゴマーク名刺をデザインしたい」

     

    などの「大人=シニア層」のためのサービスです。

     

    日本経済を支える「即戦力シニア」へ

    日本経済を支える「即戦力シニア」へ。

     

    ロクプロは、

     

    シニア初心者向けで

    プログラミングが学べる

    デザインが学べる。

    ✔ 60代からはもちろん、50代の方など「安心して学びたい大人専用

    オンライン・マンツーマン学習サービス

    初期設定済パソコン無料レンタル

    ✔ 無料貸与パソコンはコロナ対策の消毒済み

    初心者も安心の優しいカリキュラム

    講師も若すぎず経験豊富

     

    など、大人のためのITオンラインスクールです。

    ロクプロの「パソコン無料レンタルセット」一式

     

    「プログラミング、1ヶ月くらいなら勉強してみようかな」という方は、まずはお気軽に「ご相談」からどうぞ。

     

    60歳からのデザイン・プログラミング『ロクプロ』は、

    みなさまの新しい挑戦を応援いたします。

     

    ご質問はこちらからお気軽に。